MENU

ドレスコード【ビジネスカジュアル】の基準がわからない|避けるべき服装とは

ビジネスカジュアルは、正式なビジネスシーンに比べて自由な服装が許されているとはいえ、その基準には若干の曖昧さがあります。

特に新しい職場に就いたばかりの場合、どのような服装が許され、どのような服装が避けるべきかわからないことがあります。

この記事では、ビジネスカジュアルの基準について解説します。

目次

ビジネスカジュアルとは

ビジネスカジュアルは、正式なビジネスシーンに比べて、よりカジュアルな服装が許されています。

ただし、Tシャツやジーンズなどの極端にカジュアルな服装は避けるべきです。

ビジネスカジュアルの基準は、職場や業界によって異なりますが、ビジネスシャツやボタンダウンシャツ、スラックスやドレスパンツ、革靴などが一般的に許される服装です。

ビジネスカジュアルの避けるべき服装

ビジネスカジュアルは、正式なビジネスシーンに比べて、よりカジュアルな服装が許されています。

ただし、Tシャツやジーンズなどの極端にカジュアルな服装は避けるべきです。

ビジネスカジュアルの基準は、職場や業界によって異なりますが、ビジネスシャツやボタンダウンシャツ、スラックスやドレスパンツ、革靴などが一般的に許される服装です。

ビジネスカジュアルは、ビジネスの場面においても、よりリラックスした雰囲気を醸し出せる服装の一つです。

例えば、ファッション業界やクリエイティブな職場では、ビジネスカジュアルが一般的な場合もあります。

しかし、ビジネスカジュアルであっても、過度にカジュアルな服装は好ましくありません。

ビジネスシャツやボタンダウンシャツ、スラックスやドレスパンツ、革靴などを選ぶと良いでしょう。

また、ジャケットやスポーツコートを着用することで、よりフォーマルな印象を与えることもできます。

職場や業界によって異なるビジネスカジュアルの基準については、事前に確認しておくことが重要です。

また、ビジネスカジュアルであっても、清潔感やきちんと感を忘れずに保つことが大切です。

ビジネスカジュアルのポイント

ビジネスカジュアルのポイントは、清潔感と品位です。

ビジネスシャツやボタンダウンシャツは、清潔でアイロンがかかっていることが重要です。

また、服装の色合いや素材も品位を左右するため、無難な色合いや上品な素材を選ぶようにしましょう。

また、髪型やメイクも清潔感を保つように心がけないと、せっかくの服装が台無しになってしまいます。

ビジネスカジュアルの例

職場や業界によって異なりますが、一般的に許されるビジネスカジュアルの例を以下に示します。

  • ビジネスシャツやボタンダウンシャツ
  • スラックスやドレスパンツ
  • 革靴
  • カーディガンやニット
  • ブレザー

ビジネスカジュアルのNG例

ビジネスカジュアルで避けるべき服装の例を以下に示します。

  • Tシャツやジーンズなどの極端にカジュアルな服装
  • スーツやタイなどの正式なビジネスシーンで着用される服装
  • 露出が多すぎる服装
  • 派手すぎるアクセサリー
  • 香水や化粧品の使用過剰

まとめ

ビジネスカジュアルの基準について解説しました。ビジネスカジュアルは、カジュアルな服装が許されるとはいえ、極端な服装は避け、清潔感と品位を保つことがポイントです。

新しい職場に就く前に、職場のドレスコードについて確認することも重要です。

購入については、ネット通販でも安く気軽に購入できるものも多くあるため、利用してみるのも良いでしょう。

以下サイトでは、メンズ商品も多く紹介されています。

あわせて読みたい
メンズファッション通販おすすめランキング15選!2023年人気ネットショップ この記事では、メンズ服の総合おすすめランキングから、年代別のランキング、目的別のランキングまで幅広く紹介しています。あなたにあった、おすすめのメンズファッション...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次